さいたま市の伝統産業

トップページ  >  さいたま市伝統産業とは  >  地域の特性と深い関連のある事業所事業所一覧  >  オリエンタル火工
おりえんたるかこう

オリエンタル火工

ポインター煙火(花火)

オリエンタル火工(株)

オリエンタル火工 イメージ
基本データ
事業所名 オリエンタル火工
ふりがな おりえんたるかこう
所在地 さいたま市大宮区高鼻町1-177
電話番号 048-644-8611
営業時間
HP

介文

 明治34年、大宮町堀の内に進藤煙火工場として創業。花火と加工品の製造を手がけていました。当時、隅田川の花火大会が盛況だったため『地元でも!』という声が上がり、料理屋・旅館・花柳界の三業組合がスポンサーとなり、大正10年に見沼用水に架かる橋(現在の東山旅館周辺)の袂から打ち上げました。それが好評で、大宮花火大会の始まりとなりました。現在も、伝統と経験による高い技術力を持つ職人達の手作りの花火玉は、国内に限らず、海外からも高い評価を得ています。

オリエンタル火工 イメージ

Map