さいたま市の伝統産業

トップページ  >  さいたま市伝統産業とは  >  地域の特性と深い関連のある事業所事業所一覧  >  錦司堂 石田表具店
きんしどう いしだひょうぐてん

錦司堂 石田表具店

ポインター表具

(有)石田表具店

錦司堂 石田表具店 イメージ
基本データ
事業所名 錦司堂 石田表具店
ふりがな きんしどう いしだひょうぐてん
所在地 浦和区常盤1-4-5
電話番号 048-831-4944
営業時間 9:00〜18:00/日曜・祝日定休
HP

介文

表具師とは、日本文化の象徴である襖や障子、掛軸や屏風などを仕立てる職人のこと。
 石田表具店は、大正13年、宿場町として栄えた浦和に創業。料亭や屋敷、神社の襖や障子の張替えのほか、画家や書家の掛軸も数多く手掛けてきました。近年では、浦和区の調神社の襖も手掛けています。
 3代目の高橋決氏は、この道30年。デリケートな和紙を扱うため、素材や気候に合わせた糊の濃さに工夫を重ねています。

錦司堂 石田表具店 イメージ

Map