さいたま市の伝統産業

トップページ  >  さいたま市伝統産業とは  >  伝統的な工芸技術を継承する事業所事業所一覧  >  桂七宝研究所
かつらしっぽうけんきゅうじょ

桂七宝研究所

ポインター七宝

(有)桂七宝研究所

桂七宝研究所 イメージ
基本データ
事業所名 桂七宝研究所
ふりがな かつらしっぽうけんきゅうじょ
所在地 さいたま市南区沼影1-6-27
電話番号 080-5944-4980
営業時間 9:30〜16:00
HP http://www.geocities.jp/katura_sippo/index.html

介文

七宝焼は、金、銀、銅、プラチナの素地に、ガラスを含んだ特殊な釉薬で盛り、炉で焼くことを繰り返します。ブローチ、指輪といった小さいものから、茶器などの立体的なもの、額のような大きなものまで様々。昭和41年から七宝焼教室を主宰し40年以上になるという、かすや桂子。艶やかで凹凸があり、経年変化が少なく、何よりイメージを形にできるのが魅力といいます。作品は七宝焼(エマイユ)の街で知られるフランス・リムーザン地方の中心都市リモージュのアドリアン・デュブーシェ国立博物館に展示されています。

桂七宝研究所 イメージ

Map